自転車も保険加入を

電話サポート

自転車保険、今、CMなどでもよく見かけます。なぜ最近、自転車保険がこんなにも言われるようになったのでしょう。 理由は、自転車の事故によって被害者が死亡、もしくは重度の障害が残るような事故が多く起こり、その事故時の自転車の乗り方などによっては、加害者が払いきれないような高額の慰謝料の請求をされることもあるという案件が報道されるようになったためです。 例え自転車事故を起こしたのが子どもであっても、賠償責任は免れず、親に支払いの義務が生じることになることがあります。 ですので、結論から言うと大人で自転車に乗る方はもちろんのこと、子どもが自転車に乗るようになればすぐにでも自転車保険に加入したほうがよいといえるでしょう。

自転車保険といえども、種類も金額も様々です。自動車に乗る人では、自動車保険に特約として自転車保険をつける場合が一番多い傾向にあります。また自転車だけでなく、色々な事案にも対応できる個人賠償責任保障という保険に加入することによって、自転車事故にも保険が適用される場合もあります。 金額は、保険会社によってまちまちですが、一般的に新たに自転車保険に入るよりは、上記のように特約という形で現在契約している保険に付随する形が一番保険料が安く済むことが多いです。 最近ではインターネットでも簡単に保険の内容や金額を見て比較することができます。どういった場合に、保険料が支払われるのかをきちんと確認した上で自転車保険を選ぶことが大切です。